今更ながらのチャイルドロック式ライター

こんばんは。
ここ最近家庭や車の中での子供のライター遊びによる火災がニュースになっており、東京消防庁によると、庁管内で過去10年間に子ども(12歳以下)の火遊びによる火災は711件、うちライターによるものが511件。ライターにかぎると、5歳未満の死傷者発生率は79.6%にもなるそうです。
そんな中での、福島消費者相からのライターに「チャイルドロック機能を義務付けよ」との警告。
いわゆるライターに、子供が着火できないようにする仕掛け、いわゆるチャイルドロックが義務付けられるかもしれないそうです。
それを聞いて、そうだ、そうだ!と私のガラクタ箱をかき混ぜて探してみると、あった、あった!と写真にパチリ。


これは昔、アメリカで買ったBICのライター。ツルッとしたところがギザギザした面より凸しているので、小さい子供の指では、着火部分が回せないようになっています。
そして、自分でこのブログに書いた記事「Child Guard」を思い出しました。
私が初めてChild Guard(チャイルドロック機能)ライターをアメリカで見たのが、当時渡米してすぐの頃だから、かれこれ14、15年前。そして日本に帰ってからも、それを日本で見ることはなく、5年前にこのブログで「なんで日本にはないんだろう…。」とつぶやいている。
アメリカでは1994年、レバーを重くしたり、ストッパーやロック機能をつけたりして、5歳未満の子どもが扱えないようにする規制をかけました。審査基準は、5歳未満の子ども100人の着火テストで85%以上が火をつけられないこと、その結果1998年までの4年間に、ライターが原因での死亡事故(5歳以下)が4分の1以下に減少。2006年からはEUや豪州などでも基準を設けているそうです。

なのに!

日本のライターの販売数は年間約6億個だが、法令で定められた安全基準はないそうで、日本喫煙具協会は「とにかくやれるところから1日も早くやる」という。経産省も5月をめどに安全基準を出すというが、もう決まったかな…。
散々いろんなものが海外からすぐに入ってくる日本なのに、なぜかこういったものはかなり遅い。
されど、日本にも1企業だけ!、チャイルドロック機能付きライター「アンチャッカブル」を販売している会社がありました。ロックを押し込みながらレバーをさげないと着火しないというタイプで、昨年2009年テスト販売されたが、1個150円と高かったために、売れ行きは芳しくなかったという。今年の3月から130円に値下げしたというのだが…。
こういう事こそ、国が率先して行なって欲しいものです。

この他にもアメリカでは薬やサプリメントの蓋に、押しながら回さないと回らないチャイルドガードがついている物が多いのですが、これもまた日本ではほとんどお見かけしない。
今後、誤って子供が薬を飲んで事故でも起こさないと、事が起こらないのだろうか…。
もう少し、事後対処よりも、「転ばぬ先の杖」であって欲しいものですね。

応援クリックお願いしま〜す♪
「STOMP The New World」 coming soon !!

STOMP
こんばんは。
最近、TVで「STOMP」(ストンプ)をよく見かけるなあなんて思ったていたら、来日公演のPRだったのでした。
ストンプと言う名前だけを聞けば???な人も多いかもしれませんが、デッキブラシやごみバケツを打ちならしたり、足を踏み鳴らしたりしてリズムと音を楽しむパフォーマンスを見れば、誰もが「あ〜、あれね!」と納得するかもしれません。

「STOMP」(ストンプ)のパフォーマンス・ミュージカルは、入れ替わりの激しいニューヨークのオフ・ブロードウェイにおいて、1994年から現在に至るまで異例のロングランを続けているという事実が、STOMPの魅力と人気を物語っています。なので、すごくアメリカのイメージが強いのですが、実はイギリスが発祥。
そもそも1991年にイギリスのストリートから生まれたシンプルなパフォーマンスだったわけですが、イギリスでは、「最優秀前衛芸術賞」や「ローレンス・オリビエ・最優秀振付け賞」など、栄誉ある賞を次々に受賞しています。
いまでは国境を越えてヨーロッパ・アジア・ラスベガスなど、世界30ヶ国以上で公演を行い、観客動員数は、1000万人を超えているんでって…。



6月1日〜6日に東京・JCBホールで7回目の来日公演「STOMP The New World」が行なわれるのですが、今年特にプックアップされているのは、そんな超人気のパフォーマンス集団に、初めての日本人!である宮本やこさんという女性がストンパーに登場しているというからスゴイ!
宮本やこさんは小さな頃から和太鼓をしていて、何千人というオーディションから合格、男性顔負けの筋肉とリズム感で、世界中の人を魅了し続けているそうです。


有名なパフォーマンスは…
Brooms
デッキブラシで床を擦ったり、柄を叩きつけ、サウンドを奏でる。
身近に聞いている音が心地よいサウンドに変わる。STOMP の代名詞ともいえる演目で、観客からの人気も非常に高い。
Bins
ごみ箱の底やごみ箱のフタをとにかく叩きまくる、大音量で迫力満点のパフォーマンス。
STOMPのルーツともいえる。
Suspension
ワイヤーで宙吊りになり、壁を蹴りながら看板などを叩きながらサウンドを奏でるパフォーマンス。
Hands & Feet
手足を用いたボディパーカッション。
観客も一緒にセッションでき、会場全体が一つになる人気のパフォーマンス。

今回は新しいストンパーもたくさん登場しているそうなので、新しいパフォーマンスも見れるかも…で楽しみですね。残念ながら、関西の公演はありませんが、是非一度来て欲しいです…。

応援クリックお願いしま〜す♪
iPad Case Finder

iPad Case Finder
こんばんは。
今週はなんだか雲行きのあやしいお天気が続きそうです。
しかしながら、日本でもすでに予約が開始され、話題を読んでいる「iPad」…、心ウキウキで5月28日を待ち遠しく思っている人も多いのでは…。(笑)
ということで、今日は久々にちゃんとした(?!)情報的なネタをご紹介したいと思います。

アメリカではすでに発売され、大人気となっている「iPad」ですが、大きな液晶とその筐体から、本体落下による事故などもすでに報告されています。
そんな大事なものを、様々な問題から守ってくれるiPadケースを集めたギャラリーサイト「iPad Cases Finder」を発見。
ただ並べるだけではなく、素材、ブランド、カラーなど、いろんな条件から絞り込むこともできます。また金額とどこのサイトで変えるのかなどもシンプルに表示されています。
ちょっとユニークなものをピックアップしてみました。

Silicone Case Skin Cover $8.85
安さでいくならこれ!

ENST-110 $27.20
ソフトな感じでさりげなく…

Hybrid Case $59.99
ストームトゥルーパーを思わすプロテクトタイプ

Destroyer $79.99
ひっかいても落としても大丈夫なスーパープロテクト

Book $89.90
ハンドメイドのブックタイプ


ビジネスタイプのレザーや、今流行りのシリコン素材、ベーシックなものからポップなものまで、iPadの人気に便乗してか…、いろんなものがたくさん発売されています。
日本でどこまで発売されるかなどは分かりませんが、予約した方は到着に備えて、どんなものがあるのかを下調べしておくのも楽しいのかもしれません。

応援クリックお願いしま〜す♪
dexas(デクサス)のカッティングボード&コラシブルストレーナー

dexas
こんばんは。
今日はあいにくの雨…、雨の日はなにかと厄介です。なんだかまたまた肌寒いし…、みなさん風邪には気をつけてくださいね。
さてさて今日はとんだトラブル、インドから15デザインほど今年の秋冬物としてストール&マフラーが入荷してきました。
それも突然!FEDEXのドライバーが毎度の声で「こんにちは〜。サインお願いしま〜す。」と…。
予告なしの入荷だったのですが、とりあえず急いで駆けつけてみると、大きなパッキングが5つ。それに雨にぬれて湿気をふくんだ感じだし、かなり荷崩れしてるし…。(_ _#)
「中は大丈夫かな?」と早速開梱、およそ全部で300pcsほどあるストールを整理していると、なんだか雲行きがあやしくなってきた…。「あれ?」
結果、15デザインのほぼ半分がオーダーしたものと違うものが入荷!!
以前もこのメーカー、出荷間違いがあってかなりトラブッた経験あり、メーカーというより出荷担当者がとにかく自分の間違いを認めないんです…。
とにかくはっきりした間違いを明白にして、展示会でオーダーした際にとった写真と、到着した物のの写真をメールで送って、「間違っているでしょ!」と明日からしばし小競り合いが始まりそうです。
それでも例の出荷担当者だったら、話はまたまたややこしくなりそうですが、とりあえず早めの到着だったので、今であれば返品&交換の猶予があるので、まだ救われた…です。



そんな愚痴はこれぐらいにして、またまたdexas(デクサス)の話題です。
単に私自身のマイブームであるデクサスシリーズをちょうど友達がお誕生日だったのでプレゼントしました。
今回はシリコンシリーズのキッチンアイテム、シリコンざる付カッティングボードとコラシブルストレーナー(折りたたみ式ざる)。商品には輸入元コストコジャパンと書いてあり、「これってコストコが輸入してるんだあ〜、コストコで買ってないんだけど…」。
カラーはレッド、ブラック、グリーンの3種類のうち、グリーンをセットでプレゼント。ラッピングをしてもらうと、少々あげるにはボリューミーでかさばるのものになってしまい、ちょっと迷惑かな?と思いましたが、「コストコで見てて、これ欲しかったんだ〜♪」と、とっても喜んでくれたのでホッ。
自分のマイブームのアイテムが他人にも喜んでもらえると、なんだかいい気分です。今日は雨だしトラブル続きの日でしたが、なんとなくこれで帳消しでかな。ハハハッ

応援クリックお願いしま〜す♪
Dexas(デクサス)のPET FEEDER

こんばんは。
昨今のキッチングッズで人気の「カラフルなシリコン製グッズ」。
いろんなファッション雑誌やインテリヤ雑誌では盛んに掲載されています。キッチンをカラフルな色で明るく、楽しくするだけでなく、折り畳んで収納できるものも多いので、整理収納にも機能的で大活躍です。

そんなシリコンシリーズのメーカーの中で私のお気に入りが、アメリカのDexas(デクサス)社から発売されているコラプシブル(折りたたみ式)ストレーナーやカッティングボードです。
それを知っていたお友達が先日、「ペットシリーズも出ているよ♪」と「Travel Bowl」をプレゼントしてくれました。
それに興味深々になってしまった私、早速、デクサスのサイトへ見に行ってみました…。


そこでまたまた見つけてしまった「Pet Feeder」、色もとってもポップでかわいかったので、思わず買っちゃいました。
サイズはSサイズとLサイズの2種類、カラーはピンクとターコイズの2種類です。ダイ君はLサイズのターコイズを買いました。
コンパクトに折りたためるし、ポコンと取り出せばボウルに、そのままだと平皿としても使えます。簡単に取り外せるので洗うのも簡単♪


今、すでに持っているステンレスのボウルもぴったりサイズがはまったので、これまた便利です。
いただいたトラベルボウルと合わせて、いろいろな使い方ができそうです。

応援クリックお願いしま〜す♪
Dexasのトラベルボウル

Dexas
こんばんは。
いよいよ早くも5月に突入です、1日があっと言う間で24時間では足りない…です。
もうみなさんはゴールデンウィーク中ですか?私はもうあと1日お仕事がんばらなくっちゃです。
さてさて今日は以前から気になり、欲しかった「Dexas」(デクサス)のアイテム。
キッチングッズでは、カッティングボードなどでみなさんもご存知の方も多いのではないかと思いますが…。

先日、そのデクサスのPOPWARE FOR PETSシリーズの「ぺたんこボウル」を友達がダイ君にプレゼントしてくれました♪
アメリカや日本で大人気の携帯用フードボウルだそうです。ボコボコっと広げると、お水入れ、ご飯入れに変身!


そのままでも平皿として使用できるので、お散歩やお出かけ、ドライブに便利そうです。
使用しているシリコン素材も、FDAアメリカ食品医薬品局の認可を受けたキッチン用品に使用する安全材質を使用しているので安心。


色もターコイズとピンクがあって、とってもキュート♪です。お出かけの多いダイ君にはこれから重宝しそうです。
早速、他のアイテムも気になりサイトへGO!するとお揃いのPET FEEDERを見つけちゃいました。
思わず注文、もうすぐ到着予定です。到着したらまたご報告しますね。(笑)
Have a nice holiday!!

応援クリックお願いしま〜す♪
AEROPOSTALE(エアロポステール)のTシャツ

AEROPOSTALE
こんばんは。
今日はちょっと先日買ったクロックスの「Farrah」(ファラ)のパロットグリーンに合わせたTシャツをネットでお買い物。
ちょうどお手頃価格な「AERPPOSTALE」(エアロポステール)なTシャツを見つけてので、ここでちょっとご紹介。

エアロポステールは、現在アメリカでは43の州に800店舗以上を展開しているカジュアルブランドです。
1987年から存在するブランドで、90年代半ばくらいから人気になりました。今ではアバクロ、ホリスターと肩を並べるほど有名なカジュアルブランドです。
アメリカ本土以外に店舗展開していない為、非常に入手困難だったのですが、昨年ハワイのアラモアナショッピングセンターに昨年の6月に初進出したばかりです。


なんといってもうれしいのが、SPAブランドなのでリーズナブルな価格で手に入るということ。
SPAブランドとは、製造から販売まですべて自社ブランドで行う企業のこと、日本のユニクロやアメリカのGAPなどが有名ですよね。
同じテイストの人気カジュアルブランドを価格比較すると、アバクロ>ホリスター>アメリカンイーグル>エアロポステールといった感じでしょうか。

夏にむけて、Tシャツは誰にも必須アイテム。
とってもリーズナブルだし、なかなかの素材感&着心地です。縫製もまずまず◎。
日本でもたくさんのセレクトショップが独自で輸入販売しているので、まだ試したことがない方は、一度トライしてみてはいかがでしょうか…。

応援クリックお願いしま〜す♪
HOLLISTER(ホリスター)のパーカー

HOLLISTER
こんばんは。
なんだか未だにポカポカな春が待ち遠しい今日この頃のお天気です。
「何を着るべしか…」と悩む毎日、肌寒い日もありますが、もうそんなにぬくぬくしい格好もできないし…。
ちょっとしたカジュアルなアウターが欲しいなと探していたところに、たまたま見つけた「HOLLISTER」のパーカー。
なかなかビンテージっぽくてかわいかったですよ♪(これはちあみにメンズの一番小さいサイズです。)


「HOLLISTER」(ホリスター)はみなさんも超ご存知の「Abercrombie&Fitch」(アバクロンビー&フィッチ)、通称「アバクロ」の姉妹ブランド。ヴィンテージ風に昔ながらのアメリカンなデザインにトレンド感をブレンドした西海岸をイメージしたサーフスタイルのブランドです。
そしてもうひとつ大きな特徴は、ホリスターのアイテムをGetすると香ってくるいい香り、「これって何の香りだろう…」と思う人も多いのでは…。
何を隠そうその香りの正体はホリスターの香水「JAKE」です。爽やかなシトラス系の香りで嫌味のない自然でワイルドな感じが人気で、アメリカのホリスターのショップではこのJAKEを定期的に店内に振りまいています。
ということで、販売ルートによって異なりますが、多くのホリスターのアイテムにはこの香りが付けられているってわけです。
洗濯して香りがなくなってしまい残念に思った人は、この「JAKE」の香りを探すべし!です。


アバクロはニューヨーク生まれの1892年に創業した老舗企業、もともとはアウトドア用品や釣り具などを手がけていました。
その後にカジュアルウェアとして、日本ではひとくくりに「アバクロ」として有名になりましたが、このアバクロを運営する、Abercrombie&Fitch社は、ターゲット年齢ごとに複数のブランドを運営しています。その中でも最も成長が激しいのが、実はアメリカの高校生を狙ったホリスターなんです。

■アバクロンビー(Abercrombie)
小学校高学年から中学生までをターゲットにしたおしゃれキッズブランド。東海岸の名門小中学生のライフスタイルがそのブランドコンセプト。

■ホリスター(HOLLISTER Co.)
アバクロのセカンドブランドとして2000年に設立されたカジュアルブランド。アバクロの他のブランドとは違い、東海岸ではなく、西海岸のサーファースタイルを感じさせるデザインです。メインターゲットは、アメリカの高校生。現在のアバクロ躍進の源泉ともなっており、アメリカでは440店舗以上を持つものの、海外進出には消極的。

■アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)
大学生を主にターゲットしたブランド。アメリカ、東海岸、アイビー・リーグに所属する学生をブランドコンセプトにおいています。もうご存知の有名セレブ達も数多く愛用する世界的ブランド。2009年12月15日、ついに日本上陸!アジア初出店を果たしました。

■ルールNo925(RUEHLNo925)
2004年9月、ホリスターに続きアバクロの2つ目の姉妹ブランドとして誕生。アバクロが誇るアッパーライン。ターゲットも、22歳から35歳程度の大人のためのアメカジブランドとして、カントリーテイストを基調としたカラフルなアイテムの多いアバクロに比べ、ルールNo.925はモノトーンアイテムが中心のクールなストリートテイスト。

■ギリーヒックス(GILLY HICKS SYDNEY)
アバクロの3つ目の姉妹ブランドとして、2008年1月に生まれた新ブランド。ラインナップはレディースアパレル&ランジェリーがメイン。アバクロと同様アメリカを代表する人気ランジェリーブランドの「ヴィクトリアシークレット」の対抗ブランドと言われるだけに、アメリカらしい色使いのセクシーなインナーやナイトウェアが豊富。

ちょいとご参考までにご紹介してみました。
「アバクロ」と一言いってもなかなか奥が深い…、まだまだこの不況の中を頑張るブランドです。

応援クリックお願いしま〜す♪
Boyds Bearstone collection(ボイズ・ベアストーンコレクション)

Boyds Bears
こんばんは。
先日お家を掃除をしていると、こんなものが出てきました。
懐かしい…、アメリカにいた当時、帰国のたびに母へのお土産にと毎回1個づつ買って帰ったテディベアの置物。
もう10年ほど前のことなのに、かわいらしさは変わらず、ちょんと座っていました。
当時、たまたまどこかのショップで見つけ、あまりにかわいかったので、「1つずつ揃えていこうかな…」と買ったもの。結局そのままになってしまいましたが…。

このかわいいクマさん達はアメリカ・ボイズ社のベアたち。
Boyds(ボイズ)社はアメリカ・メリーランドの片田舎の小さなアンティークショップからスタートしたメーカーで、アメリカベア特有のつぶらな瞳がチャームポイントで、1つ1つ異なったベアの表情やしぐさがなんとも私達の心を癒してくれます。今でも多くのファンの方々やコレクターがいるそうです。

そんなボイス・ベアの中でも私のお気に入りは、このBearstone collection(ベアストーンコレクション)。
アンティークショップからスタートしただけあって、オールドアメリカンな感じの中に、アメリカ人にはめずらしい(?!)繊細なハンドメイドでどれもなんとも愛らしいです。



大きさも高さ10cmほどで、テディベアにしてはお値段もリーズナブル。素材もレジンでできているので丈夫だし、私が持っているベア達も、未だに買ったときとそのままの色合いを保っています。


1つ1つの裏にシリーズの名前とシリアルナンバーがついています。集めだしたらキリがないかも…。(笑)
もう少しこの愛らしいベアストーン達を見たい方は「BearstoneA〜Z」をご覧ください。
Bearstones A-G
Bearstones H-M
Bearstones N-Z
オールドアメリカンやカントリー好きの方にはオススメのアイテムです。
アメリカのサイトでも日本に発送してくれるサイトがありますので、気になる方は要チェック。
ちなみに例をあげれば、「Contry Memories」でも日本発送してくれますよ。

応援クリックお願いしま〜す♪
ハワイのお土産♪

こんばんは。
先日、私の幼なじみでかれこれ四半世紀以上の友がハワイ旅行。彼女の愛娘が見事!某私学の小学校に合格したので、そのご褒美旅行としてハワイへ行ってきたのだそうです。(羨ましい〜)
それに便乗していろいろお願いしたものプラス、ダイ君へのお土産などたくさんいろいろ持ってきてくれました♪


彼女がハワイへ行ったのは、随分前に私と一緒に行った以来。その頃は私も彼女も自由奔放人間(私は未だにですが…)、彼女は日本から、私はサンフランシスコからと別々の飛行機に乗ってハワイで合流、私は飛行機を降りるとすぐにレンタカーを借りて、彼女と待ち合わせのホテルへ…。
日本からのほうが早い到着なので、待ち合わせのホテルへ急いで行くと、彼女はスーツケースを枕にホテルのロビーで爆睡してたり、ムスタングのコンバーティブルを借りてハイウェイでスコールに合いびしょぬれになったり、ノースショアの小さな街でガス欠寸前になり、とっても小さなガソリンスタンドで超無愛想な外国人洗礼をうけたり、超ローカルなヨコハマベイという人っ子ひとりいないロコビーチで遊び、ホームステイのおばさんに「そんな危ないことをよくしたな」と怒られたり、パン一斤を持ってハナウマベイでシュノーケリング、突然大きな魚が出てきて溺れそうになったり、超高層ビルの最上階のベストビューなイタリアンにおしゃれをして出かけ、かなりの金額を払わされたり…と、いろんな今となっては笑い話のような思い出がたくさんあります。

そんな彼女も今や一児のママ、今回はヒルトンハワイアンビレッジでかなり子供優先のスケジュール、ワイキキビーチでは子供が遊んでいるのをじ〜っと浜で見物&監視をしていたとか…。
ハワイ自体もかなり変わっていて、あちこちで見られる日本語の文字、「ここは日本か!」というくらい日本語が書いてあるそうです。
かわいい愛娘との旅行ではありますが、こんなに自由がないものか…と嘆いておりました。昔がちょっと飛び跳ねすぎていましたからね。(笑)


今回お願いしたものは、私の常備薬のアルカセルツァープラス(COLD&COUGH)とWalmartのGreat Value Tropical Trail Mix、その他いろいろお土産をくれました。
ハワイでお土産を探そうにも、最近はどれも日本で手に入りそうなものばかりなので大変だったそうですが…。
ハワイ名物のSPAM(スパム)の缶詰を片手に「これも日本にあるけど、ハワイに行って来たということで!」と、半ば開き直って話していました。ハハハッ

子供が大きくなったらまた自由奔放な旅行がしたい!と嘆く彼女に、「そうだね。また一緒に行こう、行こう。」となだめるのであった…。
普通は旅行の思い出話は羨ましいはずなのに、なんだか大変そうでした。とにかくお土産をたくさんありがとうでしたとさ。

応援クリックお願いしま〜す♪
 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
JAPAN
SANFRANCISCO
DST:March to November

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Direct mail to keiron by protected privacy.
Direct mail to keiron by protected privacy.
         
LINK
       
マイ・オークションをごらんください
日本未入荷のアイテムや、かわいいアメリカングッズを個人輸入したもののを出品しています。
free counters
CNN NEWS VIDEO
Click to check news!
Watch in the CNN News

My crocsを自慢しようよ!!
My crocsを自慢しようよ!!

世界の時間・カレンダーがリアルタイムでわかる!! by JAL
世界の時間・カレンダーがリアルタイムでわかる!!

Top Played Movie Dashboad!!


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス
BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス (JUGEMレビュー »)

2005年の発売以来、本国イタリアでも大ヒットを続けているアイテム。高性能なのに、ホルスタイン柄でとってもCUTE!!
RECOMMEND
RECOMMEND
どうして? 犬を愛するすべての人へ
どうして? 犬を愛するすべての人へ (JUGEMレビュー »)
石黒 謙吾, 木内 達朗, ジム・ウィリス
RECOMMEND
世界を見る目が変わる50の事実
世界を見る目が変わる50の事実 (JUGEMレビュー »)
ジェシカ・ウィリアムズ,酒井 泰介
RECOMMEND
犬と分かちあう人生
犬と分かちあう人生 (JUGEMレビュー »)
エリザベス オリバー, Elizabeth Oliver, 三村 美智子
NPO法人「ARK Animal Refuge Kansai」略してARK(アーク)の代表エリザベス・オリバーさんの著書です。
阪神淡路大震災では被災した犬や猫600匹ほどを救済、現在では400頭ほどの動物たちの世話をしながら、精力的に活動している方です。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM