BARBARA RIHL(バルバラ・リール)

BARBARA RIHL
こんばんは。
たまにはちゃんとおしゃれな話をしなければ…。(笑)
今週の半ばからはようやく小春日和になってくるとのこと、せっかくだから暗いトーンの冬アイテムは脱ぎ捨てて、パ〜ッと明るいトーンでお出かけしたいものです。

先日、そんな気分にピッタリにバッグがわが社に入荷してきたのでご紹介したいと思います。
パリで毎シーズン開催される「プルミエールクラス」という展示会では、世界のバイヤー達がこぞって買い付けするとってもHOTなブランドが、この「BARBARA RIHL」(バルバラ・リール」です。
人気があるのでライセンシーが厳しいため、なかなか仕入れの難しいブランドなのですが、今回ちょっとだけですが入荷可能になりました。

オーストリア・ウィーン生まれの「バルバラ・リール」はデザインスクールを卒業後、ジル・サンダー、カール・ラガーフェルドの元で学び 1999年に自身の名でブランドを立ち上げ、パリを拠点に活動するバッグデザイナー。
ディテールとカラー、上質素材にこだわりながらも、キャッチーな言葉をちりばめたポップな作風のバッグには彼女の世界観がぎっしり詰まっていて、上質感溢れるカジュアルバッグとしてフランスでも大人気です。


見てのとおり、見ているだけで楽しくなるバッグです♪
そんなバッグを創作する影には…、なんと!バルバラ・リールのご主人はかの有名なパティシエのピエール・エルメ。
家では家族だけで過ごすことが多いそうで、多忙な2人がリラックスできる大切な空間。食事は主にピエールが担当し、朝食でも美しくデコレーションして作ってくれるそうで、異なる分野で活躍する2人は、それぞれの知識や趣味を交換し、刺激し合えるとてもいい関係のようです。
そんな夫であるパティシエ、ピエール・エルメが彼女を全面的にバックアップ。彼女が行なうパーティーでは彼のスペシャリティであるマカロンが振舞われたのはもちろんのこと、その場でミルフィユを作ってサーブするコーナーも作られたりと、来場者を大いに喜ばせたそうです。
なんともうらやましい限りですね。(笑)

そろそろ春本番、華やかな明るいアイテムに着替えてお出かけしてみませんか!

応援クリックお願いしま〜す♪
Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://blog.dagwood.biz/trackback/1008614
 
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
JAPAN
SANFRANCISCO
DST:March to November

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Direct mail to keiron by protected privacy.
Direct mail to keiron by protected privacy.
         
LINK
       
マイ・オークションをごらんください
日本未入荷のアイテムや、かわいいアメリカングッズを個人輸入したもののを出品しています。
free counters
CNN NEWS VIDEO
Click to check news!
Watch in the CNN News

My crocsを自慢しようよ!!
My crocsを自慢しようよ!!

世界の時間・カレンダーがリアルタイムでわかる!! by JAL
世界の時間・カレンダーがリアルタイムでわかる!!

Top Played Movie Dashboad!!


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス
BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス (JUGEMレビュー »)

2005年の発売以来、本国イタリアでも大ヒットを続けているアイテム。高性能なのに、ホルスタイン柄でとってもCUTE!!
RECOMMEND
RECOMMEND
どうして? 犬を愛するすべての人へ
どうして? 犬を愛するすべての人へ (JUGEMレビュー »)
石黒 謙吾, 木内 達朗, ジム・ウィリス
RECOMMEND
世界を見る目が変わる50の事実
世界を見る目が変わる50の事実 (JUGEMレビュー »)
ジェシカ・ウィリアムズ,酒井 泰介
RECOMMEND
犬と分かちあう人生
犬と分かちあう人生 (JUGEMレビュー »)
エリザベス オリバー, Elizabeth Oliver, 三村 美智子
NPO法人「ARK Animal Refuge Kansai」略してARK(アーク)の代表エリザベス・オリバーさんの著書です。
阪神淡路大震災では被災した犬や猫600匹ほどを救済、現在では400頭ほどの動物たちの世話をしながら、精力的に活動している方です。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM