Electronic License Plates (デジタルナンバープレート)

California Ponders Ad-Supported Electronic License Plates
こんばんは。
今日は久しぶりにカリフォルニアライフ的なお話。
北米やイギリス、オーストラリア、ヨーロッパの一部の国では、このように自分の好きな文字や数字の組合せを選べる「ヴァニティ・プレート」も自己表現の場の一つとなっています。


上の写真のカリフォルニア州のナンバープレートは「ネイト・ライダー」と読めるようですが、これは80年代のテレビシリーズ「ナイトライダー」で知られる俳優デビッド・ハッセルホフのもの。
日本でもここ10年ほど前から、ナンバー指定ができるようになったので、4ケタという狭い範囲での数字の組合せで遊ぶことはできますが…、自分の覚えやすいナンバーはともかく、「11-88」(いいパパ、いい母)、「29-51」(福来い)、「11-22」(いい夫婦)や縁起のいい「77-77」、「88-88」、「80-08」のナンバーの多さに少々うんざり気味です。

その自己表現の場となっている「ヴァニティ・プレート」の、その一歩先を行く「デジタル・ナンバープレート」がカリフォルニアで導入されるかもしれません。
自動車の後部のナンバープレートをスクリーンにし、渋滞時などに後ろの車に向け広告を表示することにより、州の収入とすることが検討されているそうです。

California mulls digital number plates with adverts to tackle deficit

「デジタル・ナンバープレート」は走行中は安全のため通常のナンバープレートのように車のナンバーを大きく表示するのみですが、渋滞や赤信号などで4秒以上停止すると、後ろの車に向けて広告を表示し始めます。広告主は州の車両登録部局(California Department of Motor Vehicles)から広告スペースを購入することになるようです。

ドライバーは自分の好きな言葉や応援するスポーツチームの名前などを表示し、ヴァニティ・プレートやバンパー・スティッカー感覚でカスタマイズすることもできるほか、緊急時には交通情報や行方不明者の情報などの表示にも使われるとのこと。広告などの表示中も車のナンバーは常時小さく表示されるそうです。
イメージ的はこんな感じ。

カリフォルニア州Curren Price上院議員は「わたしたちは追加収入を生むクリエイティブな方法を模索しているのです。テクノロジーとニーズの融合により、カリフォルニアが時代の先駆者となる機会でもあります」と語っています。サンフランシスコのSmart Plate社がすでにこの「デジタル・ナンバープレート」の開発に着手しているとのこと。

停車時のみとはいえ脇見運転の原因となるのではないか、犯罪者が簡単に車のナンバーを偽装することができるようになるのでは、プレート自体が盗難の対象となるのではないか、などといった懸念の声が早くも多数上がっているこの「デジタル・ナンバープレート」ですが、190億ドル(約1兆7000億円)の財政赤字を抱え、のどから手が出るほど追加収入が欲しいカリフォルニア州なので、導入費用と広告収入のバランス次第では実現する可能性が十分にありそうです。

応援クリックお願いしま〜す♪
終戦記念日


こんばんは。
今日は終戦記念日。今日はちょっとマジメなお話。
私はアメリカが大好きで、だからこのブログでもいつもアメリカのおもしろい情報やお話をたびたびするわけで、今でもアメリカで暮らした4年間はいろんなアメリカ人にお世話になり、大変感謝しています。
しかし、今日の日だけはいつも考えさせられる日でもあります。

それは8月6日に広島、8月9日に長崎に投下された原子爆弾(原爆)です。
・広島市(Wikipediaより)
1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分日本の広島市に、原子爆弾リトルボーイが、第33代アメリカ合衆国大統領、ハリー・S・トルーマンの「広島・小倉・長崎のいずれかの都市に8月3日以降の目視爆撃可能な天候の日に「特殊爆弾」を投下するべし」という7月25日付け大統領令を受けたB-29(エノラ・ゲイ)によって投下された。市内ほぼ中央に位置するT字形の相生橋が目標点とされ、投下された原爆は上空580メートルで炸裂した。
・長崎市(Wikipediaより)
広島の3日後の1945年8月9日午前11時2分、B-29(ボックスカー)が長崎市に原子爆弾ファットマンを投下した。投下地点は、当日の天候のため目標であった市街中心地から外れ、長崎市北部の松山町171番地(現、松山町5番地)テニスコートの上空であった。当時、長崎市の人口は推定24万人、長崎市の同年12月末の集計によると被害は、死者7万3884人、負傷者7万4909人、罹災人員:12万820人、罹災戸数1万8409戸にのぼった。

原爆と言えば、日本人であれば戦争の悲惨さや平和への思い、核兵器廃絶といった強い感情があります。
しかし、アメリカ人にとっての原爆は、日本の降伏、そして第二次世界大戦終結を導いた会心の一撃、といった解釈が大多数のようです。
アメリカの教育の場でもそのように教えらているようですし、また原爆投下50周年であった1995年、USPS(米国郵政公社)がキノコ雲をデザインしたデザインに「Atomic bombs hasten wor`s end,August 1945」(原爆投下が戦争終結を早めた)の一言を加えた切手を発行しようとした事件(日本の反対により、発行計画は破棄)は、日米間の認識の違いを浮き彫りにしました。

もちろん、アメリカ国内にも、連邦政府や軍関係者、一部の議員の原爆投下を肯定する姿勢に疑念を持ち、強く反発する人達が少なからずいます。現に原爆切手発行問題でも、アメリカ国内から激しい反対運動が起こったことも事実ですから…。
しかし、このような話題を持ち出せば、アメリカ人は間違いなく、日本の「真珠湾攻撃」の話を持ち出すでしょう。
現に私がメインランドからハワイへ遊びに行くというと、アメリカ人の年配の人は、私にこう言いました。「パールハーバー付近には、日本人をよく思っていない人もいるから気をつけてね。」と…。
・真珠湾攻撃(Wikipediaより)
「Attack on Pearl Harbor」日本時間1941年12月8日未明、ハワイ時間12月7日)は、休日である日曜日を狙ってハワイオアフ島真珠湾にあったアメリカ海軍の太平洋艦隊と基地に対して、日本海軍が行った航空攻撃。

いずれにせよ、今日は戦争というものがいかに非人道的なものであるかを考えねばならない日でもあります。
・終戦記念日(Wikipediaより)
8月15日。1945年(昭和20)8月10日、日本は米英中3国によるポツダム宣言受諾を申し入れ、15日無条件降伏し、第二次世界大戦が終結した。戦争の誤りと惨禍を反省、平和を誓うため、63年以降毎年この日に全国戦没者追悼式が行われていたが、82年4月、有識者懇談会の意見を受けて、戦争を知らない世代に戦争の経験と平和の意義を伝えるため、この日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定された。

日本の降伏により、1945年11月に予定されていた九州南部への上陸作戦、並びに翌年3月に予定されていた関東地方への一大上陸作戦が中止となった。 この作戦が実行されていた場合、計107万人もの米軍が東京に上陸し、双方合わせて広島と長崎の原爆による死傷者をはるかに上回る戦死者を出しただろうと戦後に米軍当局はコメントしている…。

私達は戦争を知らない世代ですから何もいえませんが、今までの歴史があっての今の日本、今のアメリカがあるので、ただただ今日は戦没者を追悼し、平和を祈りたいと思います。

応援クリックお願いしま〜す
天使の耳かき


天使の耳かき
こんばんは。
先日、たまたま「なんだか良さそう…」と薬局で買ってみたのが、この「天使の耳かき」。
「耳かき」専門サロンが流行するなど、近年、注目度が増している耳かきですが、私事ながら昔から耳かきにはこだわるほうで、今までにも数々の成功&失敗を重ねているわけです。

ちょっと調べてみると、この4月22日から全国の薬局・薬店、スーパー、ホームセンター、コンビニエンスストアなどで新発売だったようです。
「天使の耳かき」の開発にあたり、小林製薬は耳かきで満足するポイントには大きく2つの要素があると分析。一つは「耳かきをしているときに気持ちいい実感が味わえること」、もう一つは「耳垢がごっそり取れて、かつ取れたことが確認できること」で、「天使の耳かき」は前者の“快感”に特化した製品として開発が進められたんだって。
その“快感”を生み出しているのは、気持ちよさを徹底的に追求したブラシ。耳穴にぴったりとフィットするサイズを求め、テストを繰り返してブラシの硬さや長さ、大きさを決定したそうです。



あまりやり過ぎると耳の中を痛めるため、お医者さんなどに聞くと「月に1回程度で十分」と言われていますが、私的には「そんなの信じられな〜い」って感じ。小林製薬の生活調査では、週に3回以上耳かきをする人の62%が「天使の耳かき」のほうが気持ちいいと評価したそうですが…。

早速使って見ることに…。ん?これだけ?
ちょっと私には物足りなさを感じでしまいました…。
300円ごときで、天使に出会えると思うのが間違いだったか…。ハハハッ

ところで、この「天使の耳かき」のパッケージに「乾燥タイプ用」と書いてあったのですが、これを見てちょっと思い出したことがあります。
それはアメリカ生活で、従来日本で使っているような耳かきを探しても、何処にも売っていなかったこと。

そこで後で知ったことなのですが、世界には(ちょっとおおげさ)耳あかが乾いたタイプの人と湿ったタイプの人がいるそうです。
人間の耳あかは本来湿ったタイプが標準だそうで、乾いたタイプの方が突然変異なんだそうですよ。
ところが日本人の8割が乾燥タイプで、世界各地でみると乾燥タイプは北東アジアに多く、南方や欧米、アフリカに行くに従って乾燥タイプが減って少数派になります。というわけで、日本では多数派であった乾燥タイプの人は、渡米すると少数派になってしまうわけなんです。

だからアメリカで耳掃除といったら綿棒で、一般的に日本で見るような耳かきは存在しないのです。
これも後で知ったのですが、耳かきは日本人向けのアメリカ生活のガイドブックに、日本から持参すべき生活必需品として必ずリストされている品でした。(_ _#)



なのでアメリカ生活ではしかたく綿棒、日常的に売られている「Q-tips」を使っていたわけですが、これがまた日本の綿棒よりコットンの巻き(より)が甘くて、簡単にゆるんでしまうのがどうにも使いにくかったのを思い出しました。
よくよく探してみると、日系の食材店やスーパーで日本の耳かき!を見つけたので、それ以来私の貴重品となったのでした。(笑)

それゆえに「耳かき」に固執してしまうのかもしれませんね。
と言う訳で大分お話がそれてしまいましたが、今日はたかが耳かき、されど耳かきのお話でした。m(_ _)m

応援クリックお願いしま〜す
カリフォルニア州のSales Taxが1%値上げ


California sales tax to rise by 1 percent
こんばんは。
ちょうどエイプリルフールなのでウソ(?!)と思いきやホントのお話。
今では人事のお話になってしまいますが、以前私が住んでいたカリフォルニア州がこの4月1日から、Sales Taxが1%値上げになるそうです。

日本でもすでに知れ渡っている、アメリカの銀行や自動車のBig3の不振の影響で、カリフォルニア州の財政も悪化しているようです。みなさんもご存知のアーノルド・シュワルツネッガー知事になって良くなったように見えていたのですが、実はバブル経済の恩恵を受けていただけで、無駄遣いは減ってなかったのだとか…。

そのためカリフォルニア州は財源を求め、日本の消費税に相当するSalesTax を1%上げて8.25% になります。
これに市や郡の上乗せがあるため、最終的にSan Francisco市では9.50%となります。
ちなみに私が住んでいたAlameda郡Fremont市は9.75%だって!(高っ!)
一番高いところで、LAのPico Riveraが10.25%。
カリフォルニア州の新税率の一覧を知りたい方は、コチラのPDFで知ることができます。

アメリカではSales Taxは州ごとに決めることができ、税率は州や地区によってバラバラ。まだモンタナ州やオレゴン州、ニューハンプシャー州などのように0%というところもあるというのに…。(_ _#)
State sales tax rates(州別Sales Tax一覧)

今回のSales Taxの値上げは、2011年7月1日までという一時的なものだそうで、5月19日の特別選挙の投票結果によっては1年延びる可能性もあるとか…。

日本でも高速道路値下げが、先日から実施されていますが、実質平日がだめっだたり、トラックがだめだったり…で、企業サイドの景気回復にはなんのメリットもなさそうです。
確かにパーキングエリアや各地の観光スポットの売上げはあがるでしょうが…。

それにまた日本もいつまた浮上するかわからない消費税の値上げの問題。
どこの国も勝手に上げたり下げたりしていますが、本当に国民のためにメリットになっているのかどうか…、なんだかドンヨリな気分です。

応援クリックお願いしま〜す
「ホットドッグ頭痛」と「中華料理店症候群」


こんばんは。
さてさて昨日の続き…。
私の「頭痛持ち」は中・高校生にさかのぼり、OLさんを経て、ずっと極度の肩こり症なので、目の疲れや肩こりが原因だとばかり思っていました。
しかしアメリカへ渡米した際、湿気のない気候や生活環境の変化のせいか、肩こりの症状がかなり軽減されました。
そんな反面、私を困らせたのがいわゆる「ホットドッグ頭痛」と「中華料理店症候群」です。
言葉どおり、ホットドッグや中華料理を食べると起こる頭痛のことです。
そんなときにも、スッキリ!治してくれたのが「Alka Seltzer」(アルカセルツァー)でした。

そして病院の先生にお話を聞いたり、いろいろ調べてみるとひとつの共通点がでてきました。
それは…
「ホットドッグ頭痛」
ホットドッグを食べた後に起こりやすい頭痛。サラミ、ソーセージやハムなどに使われている発色・防腐剤(亜硝酸塩)によって、ズキズキとした頭痛が起こります。
「中華料理店症候群」
グルタミン酸ナトリウム、いわゆるうま味調味料を大量に使った中華料理を食べた後に、頭痛を起こす症状。

ハムやソーセージの赤色を保つために使用されてる亜硝酸ナトリウムは血管を広げる作用があり、頭痛を引き起こすことがあります。また調味料や加工食品、菓子などに広く使われているグルタミン酸ナトリウムは、血管を収縮させた後拡張させるため、やはり頭痛を誘発します。
(どちらも日本では原因となる物質の使用量が規制されているため、頭痛が起きる症状はかなり軽減されています。)

さらに、二日酔いの友人が「頭が痛い」とのことで、アルカセルツァーを飲んでみるとこれまたスッキリ!効果を表しました。
「二日酔い頭痛」
これもまた、アルコールによる血管拡張によるもので、アセトアルデヒドによる頭痛だそうです。

これらを総合すると、私の片頭痛の原因でもある血管が拡張して起こる頭痛に「Alka Seltzer」(アルカセルツァー)は効果を発揮してくれるようです。経験上なので、これが血管収縮剤としての効能があるのか、はたまたアメリカ人用にできているので成分量が多いのかはわかりませんが…。

日本でこの症状を治す薬がいわゆる血管収縮剤・片頭痛治療剤のトリプタン製剤が医師の処方が必要なのは、血管を収縮させる作用があるので、狭心症や心筋梗塞を悪化させるおそれがあるからだそうです。

難しいお話はこの辺にして、「頭痛」と言えども種類や原因はさまざま、頭痛でお悩みの方は一度お医者さんに相談してみては…、自分の「頭痛」の原因がわかれば、予防の仕方もわかってくるかも…です。

応援クリックお願いしま〜す
ゴールドラッシュ49ers>スーパーボウル効果


SUPER BOWL XL
こんばんは。
先日の1月24日は「ゴールドラッシュが始まった日」でした。
西部開拓時代、カリフォルニア州サンフランシスコで初めての「金」が発見されたのが、161年前の1848年の1月24日だったのだそうです。
そんな「金鉱が見つかった!」というニュースを聞いて、一攫千金を目指した人々が一挙に西海岸に押し寄せたのがゴールドラッシュ。
翌年の1849年には、更に多くの人達がカリフォルニアにやって来ました。
このゴールドラッシュの到来と共に押し寄せて来た人達のことを「1849年」に因んで「49ers」と呼びます。

これがサンフランシスコのプロフットボールチーム、「San Francisco 49ers」の名称の由来でもあります。
1979年に名将ビル・ウォルシュがヘッドコーチに就任すると、49ersは常勝軍団へと生まれ変わりました。ウォルシュは、短いパスを中心とした「ウエストコースト・オフェンス」を確立し、NFL史上に残るQBジョー・モンタナを中心に、就任からわずか3シーズン目となる1981シーズンにスーパーボウル初制覇。1984シーズンにはドルフィンズを破り2度目の優勝。さらに、1988シーズンの第23回スーパーボウルでも、モンタナが披露したNFL史上に残る奇跡の逆転劇で3度目の優勝を果たすなど、1980年代のNFLを華やぐスーパーチームでした。ウォルシュ勇退後も、1989シーズンにはモンタナを、1994シーズンにはQBスティーブ・ヤングをメインにスーパーボウルを制覇。計5度のスーパーボウル出場全てで勝利を納めています。



最近は少々残念な結果で影を潜めてしまっていますが、そんなアメリカの超一大イベントの「スーパーボウル」がいよいよ2月1日に控えています。
フロリダ州タンパで開催される第43回スーパーボウルに出場するアリゾナ・カーディナルスとピッツバーグ・スティーラーズの両チームは、26日に現地入りするそうです。
また、ゲームをさらに盛り上げる注目の国歌斉唱やハーフタイムショー。
今年はジェニファー・ハドソンが国歌斉唱を歌います。去年10月末、家族を殺害されるという痛ましい事件以来、暫く活動を停止していたジェニファー・ハドソンですがいよいよ完全復活を遂げます。
そしてハーフタイムショーは『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』などのヒット曲で知られるブルース・スプリングスティーン&ザ・Eストリート・バンドが、スタジアムを熱狂の渦に包み込んでくれるのだとか…。

新大統領の就任式の興奮さめやらぬうちの、次なる大イベントの「スーパーボウル」。例年はこぞっていろんな企業が、このスーパーボウル商戦に必死になるのですが、このご時勢、どんな経済効果をもたらしてくれるかも楽しみです。
「ゴールドラッシュ」とまではいかなくとも…。(笑)

応援クリックお願いしま〜す
The Christmas Pickle(クリスマス・ピクル)


The Christmas Pickle
こんばんは。
もうすぐクリスマスも近いので、こんなお話…。
みなさん、こんなクリスマスオーナメントを見かけたことがありますか?
あんまり日本では見かけませんが…。

これは見てのとおり(笑)、ピクルス(きゅうりの酢漬け)を模ったオーナメントです。
その名も「The Christmas Pickle」、アメリカのクリスマスの伝統の一つで、クリスマスの朝一番にに、ツリーに隠されたピクルスのオーナメントを最初に見つけた人に、幸運が訪れると言われています。
見つけた子供達には、スペシャルなプレゼントが用意されたりと、ちょっと他のオーナメントとは、特別な意味をもつオーナメントなのです。

アメリカでは日本では想像がつかないほどの、いろんな種類のオーナメントがあります。
市販の物はガラスや金属、木、セラミックなどで出来ているカラフルなボールやサンタクロース、プレゼント、ベル、天使やフルーツ、動物などなど。
また紙や毛糸、写真、ビーズ、ジンジャーブレッド・クッキーなどを使った手作りオーナメントで、クリスマスツリーが飾られます。

また毎年毎年、お気に入りのオーナメントをひとつずつ思い出を作るように、買い増やしていくコレクターもたくさんいるので、「2008」と年が描かれたオーナメントも沢山あります。

赤ちゃんが生まれた家庭では、誕生の記念にその年の数字が入ったオーナメントを飾ったり、新居を構えた記念のオーナメントを飾ったり、という習慣もあるようです。
ひとつひとつに思い出が秘められたオーナメントが飾られたクリスマスツリーを眺めながら、家族そろってのクリスマスパーティーが開かれます。
きっとおじいちゃんやおばあちゃんが孫に「このときはねぇ〜」なんて語りつがれるのでしょうね。(笑)

ちょっと楽しいオーナメントのデジタルカタログを見つけたので、お暇なときにでもどうぞ。

応援クリックお願いしま〜す
Dagwood Sandwich(ダグウッド・サンドイッチ)


Dagwood's Sandwich Shoppers
こんばんは。
昨日「Dagwood Sandwich」のお話をしたので、ついでにもうちょっと詳しく"Blondie"のお話を。

"Blondie"(ブロンディ)は1930年にChic Young(チック・ヤング)が新聞に連載を始めたアメリカのコミックです。
「Blondie(ブロンディー)」で一番の人気と言えば、Blondieのご主人であるDagwood Bumsteadが作るサンドイッチ。
食料難の時代の中の、あのDagwood(ダグウッド)のSuper-sized Sandwich(特大サンドイッチ)はみんなの憧れでもあったのでしょう。
ダグウッドは眠れないと階下の台所に降りて行って、冷蔵庫をあさり、残り物で超特大のサンドイッチを作って食べます。
どうやって食べるの?というほど積みあげた山のようなサンドイッチには、パストラミ、アボガド、チーズ、ペパロ二、カピコーラ(スパイスハム)、チーズ、オニオン、レタス、トマト…etc.などメマイがするほどです。



漫画の作者は1973年から息子のDean Young(ディーン・ヤング)に代わり、そのヤング氏が20年間もサンドイッチのレシピを研究していたそうです。 そしてそのディーン・ヤング氏が2006年に、ついに!レストラン「Blondie's」をオープンしました。
ブロンディとダグウッドでデザインされたレストランにはどでかいプラズマ・テレビが設置されてブロンディを放映するそうです。



2006年の夏にまず手始めにレストランの本拠地となるヤング氏の地元であるフロリダのClearwaterで開店し、次々と米国と海外にチェーン店を開くそうです。
CBS NEWS「Blondie's Hubby to Headline Sandwich Chain

もしかしたら日本にも上陸するかも!(ちょっと期待薄ですが…)
上陸した暁には、これか!と笑ってください。

応援クリックお願いしま〜す
National Sandwich Day


American National Food Holiday
こんばんは。
ちょっと1日遅れですが、11月3日は「National Sandwich Day」です。
アメリカでは365日、「○○の日」となんらかの食べ物を祝う日(?!)と名づけられています。
詳しくはこちら→「American National Food Holiday

アメリカで一番人気は、もちろんハンバーガーですが、サンドウィッチで言うとトップはハム・サンドイッチ、次にBLT(ベーコン+レタス+トマト)です。
G.W.ブッシュ大統領も大好きな「PB&J」(ピーナッツバター&ジャム(Jelly)・サンド)も、子供達のお気に入りです。
またエルビス・プレスリーが愛したPeanut butter、Banana、Fried bacon and Honey sandwichも有名なんです。(笑)
他にはホットドッグもメジャーリーグの球場だけに限っても、1年に売れるホットドッグの数は2,630万個。サンドウィッチなしでは、アメリカ人の食生活は成り立ちません。

そして…、私にとっても少々特別な日です。
このブログをネーミングを「Dagwood Life」(ダグウッド・ライフ)にしたかというのも、「Sandwish」に由来するからです。

みなさんDagwood Sandwichってご存知ですか?
"Blondie"という1930年代のコミックで、この主人公Blondieのご主人がDagwood Bumstead。
このDagwoodがコミックの中で作っていたのがお肉、野菜、チーズやいろんな薬味をたっぷり入れた厚みのあるHugeなSandwich。
これが有名になり、今やアメリカではいろんなバリエーションの具沢山のサンドイッチを総称して、「Dagwood Sandwich」といいます。



そんな「Dagwood Sandwich」みたいなたくさんのネタ(情報)を提供できたらなぁ〜なんて思いながら、このブログを「Dagwood Life」と名づけました。
このブログも2005年11月から初めて、早3年が経ちました。
毎年「サンドイッチの日」は私にとって「初心忘れるべからず」の日でもあるんです。
これからもおもしろい情報をアップできるよう、がんばりますのでよろしくお願いいたします。

あっ!そうそう、2008年11月2日(日)2:00 am(アメリカ時間)で今年のサマータイムは終了しました。ご報告まで。

応援クリックお願いしま〜す
ハローウィンも近いので…


Safeway World Championship Pumpkin Weigh-Off
こんばんは。
ハローウィンも近いのでこんなものを買ってみました。(笑)
本当はこんなときには、USJやディズニーランドにでも行ければいいのですが、取りあえずは気分だけでもということで…。
チロルチョコとTOPPOのハローウィン限定バージョンです。




さてさて、ハローウィンと言えば巨大カボチャ、オレンジ色の大きなパンプキンの季節です。
アメリカのスーパーマーケットの店先に、顔ぐらいのサイズのパンプキンがゴロゴロと売りに出ています。これはもちろん!食用ではなくて、ハロウィーンのデコレーション用。中をくりぬいて顔を彫り刻んで、「Jack-o'-Lantern」ジャコランタンを作るのに使います。

そして今月10月は巨大なパンプキンを集めて、重さを競うフェスティバルが各地で盛んに催されます。
そのなかでも、先日カリフォルニア州ハーフムーンベイで行われたパンプキンフェスティバルでの、Safeway主催「World Championship Pumpkin Weigh-Off」(世界カボチャ計量選手権)でサド・スターさんが見事に優勝、世界記録を更新しました。



サド・スターさんが育てていたその巨大なカボチャは、8月に入りぐんぐん大きくなり始め、1日に13.5キロずつ重量が増え、ついに13日にハーフムーンベイで行われた選手権での重量は687.6キロ(1,528lb)、全周の長さは4.5メートルもあったのだろか。スターさんは昨年もこれより1.8キロ軽いカボチャで世界記録を持っており、今年記録更新したのだそうです。

オレゴン州プリーザントヒルに住むスターさんは、トレーラーを使ってカボチャを会場まで輸送。スターさんに、巨大なカボチャを育てる秘訣は質問すると。「良い土壌で、うんとカボチャを甘やかすのです」だって。(笑)

ところでこの巨大パンプキンも競馬のサラブレッドと同じで、巨大パンプキンの血統(?!)が大切だとか。大きく育つ品種は、スーパーの店先に転がっているものとは違う品種だそうですが、そのなかでも大きなパンプキンが出来る種は、代々名前を付けて実の大きさとともに、きちんと雄花と雌花の素性を明らかにして家系図を作って管理されているのだそうでよ。(ちょっとトリビア)

応援クリックお願いしま〜す
 
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
JAPAN
SANFRANCISCO
DST:March to November

SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
Direct mail to keiron by protected privacy.
Direct mail to keiron by protected privacy.
         
LINK
       
マイ・オークションをごらんください
日本未入荷のアイテムや、かわいいアメリカングッズを個人輸入したもののを出品しています。
free counters
CNN NEWS VIDEO
Click to check news!
Watch in the CNN News

My crocsを自慢しようよ!!
My crocsを自慢しようよ!!

世界の時間・カレンダーがリアルタイムでわかる!! by JAL
世界の時間・カレンダーがリアルタイムでわかる!!

Top Played Movie Dashboad!!


RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス
BIALETTI カプチーノメーカー ムッカ・エクスプレス (JUGEMレビュー »)

2005年の発売以来、本国イタリアでも大ヒットを続けているアイテム。高性能なのに、ホルスタイン柄でとってもCUTE!!
RECOMMEND
RECOMMEND
どうして? 犬を愛するすべての人へ
どうして? 犬を愛するすべての人へ (JUGEMレビュー »)
石黒 謙吾, 木内 達朗, ジム・ウィリス
RECOMMEND
世界を見る目が変わる50の事実
世界を見る目が変わる50の事実 (JUGEMレビュー »)
ジェシカ・ウィリアムズ,酒井 泰介
RECOMMEND
犬と分かちあう人生
犬と分かちあう人生 (JUGEMレビュー »)
エリザベス オリバー, Elizabeth Oliver, 三村 美智子
NPO法人「ARK Animal Refuge Kansai」略してARK(アーク)の代表エリザベス・オリバーさんの著書です。
阪神淡路大震災では被災した犬や猫600匹ほどを救済、現在では400頭ほどの動物たちの世話をしながら、精力的に活動している方です。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
無料ブログ作成サービス JUGEM